BLOG

梅雨のモヤモヤを撃退するアロマツートップはこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Pocket

梅雨時期って憂鬱です。

梅雨の恩恵は分かっていますが
気怠かったり、モヤモヤしたり
しませんか?すっきり晴れてるほうが
やっぱり好きです。

 

 

雨の日のけだるさの原因、書いてみます。

 

 

晴れた日

晴れ=高気圧。高気圧というのは空気の量が増えます。


たっぷり酸素を吸うことができますので、
エネルギーの代謝量があがります。
するとやる気や活力、興奮性を高める交感神経が優位に立ち、
呼吸や脈を上昇させ、活動的になります。

 

 

反対に雨の日

低気圧が上空を支配するわけですが、
晴れた日と違って酸素量が少ないので、
エネルギーの消費が少なくなりリラックスをつかさどる
副交感神経が優位になります。

 

心臓のドキドキはゆるやかにな
り、脈は遅くなり気分はのんびり和みムード・・・
全身がリラックスモードになります。曇
りがちな日や梅雨時に、やる気がでない、
体がだるいなど体調が変化するのは副交感神経の働きで
呼吸や脈がゆるやかになるからです。

 

 

雨の日のけだるさは自律神経が原因だったんですね。
自律神経は全身に張り巡らされていますので
外部の環境変化には即座に対応できるようになっています。

夏は汗が出て、冬は鳥肌が立つ、などの体温調整から
食欲や排泄・分泌などをつかさどっているのも自律神経です。
なので気圧の変化に自律神経が敏感に反応するというのも納得。

 

 

交感神経は通常昼間に優位になり、夜は副交感神経が優位に立ちます。
お互い拮抗して作用しています。シーソーみたいな感じです。
交感神経が優位に立つには太陽の光を浴びたり
昼間は適度な刺激(軽いストレス)を受けることも大事なんですね。

 

 

雨だからといって外出を控えたり、おうちの中にこもっていては
自律神経が上手くバランスを取ってくれなくなることも・・・
雨の日こそ、活動的に行動してみましょう♪

 

 

———————-

 


ちなみに・・・アロマは副交感神経を刺激して
リラックスをもたらすもの・・・というイメージですが
交感神経を強壮させる精油もあるんですよ。

 

梅雨のモヤモヤを撃退するアロマツートップはこれ!

まずバジル・・・精神的に弱っているときに
神経を強壮させてくれたり感覚を研ぎ澄ませ、集中力を高めます。

ヒソップ・・・心配事、不安要素などから
精神を開放しストレスの緩和をしてくれます。
みなさんもお試しあれ

【注意と禁忌事項】

バジル
皮膚への刺激が強いため、使用量や使用時間に注意しましょう。
妊婦さんは、使用を控えるようにしてください。

ヒソップ
妊娠中および癲癇の方は使用できません。
高血圧の方も注意が必要です。
精油成分のピノカンフェンには比較的毒性がありますので注意が必要です。
(なお、刺激性および感作作用はありません)
子供への使用もなるべく避けたほうが良いでしょう。
使用量は少なめに、また頻度も適度に留めてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. アロマトリートメント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP