BLOG

サムハラ神社奥宮に行ってきました♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Pocket

先日、岡山のサムハラ神社に行ってきました。

岡山にはサムハラ神社の 奥宮があり、
近々行きたいなと 願っていたのですが
願望実現は委ねきると
自然とあちらからやってきました(*^-^*)

想像以上に早くてΣ(・ω・ノ)ノびっくりでしたが(笑)

サムハラは私が今ヒーリングでも使用している
ソウリングの根源とも言われている
宇宙創造、エネルギーの大元。

私のソウリング(エネルギーヒーリング) の師匠
岡山在住の心理学の同士(美魔女姐さん)と
共に訪れました。

この日は穏やかな風の吹く日で
肌寒さも感じましたが
晴天に恵まれ、なんと気持ちのよいことか!
さすが、晴れ男と豪語する師匠!

サムハラに向かう道中
美味しいお食事処と甘味処に
連れて行ってもらい
お腹もいっぱいになったところで
サムハラ到着。

最近は観光地化しているそうで
なんとバスで乗り付けるツアー客まで!

私が伺った日はさすがに
バスはいませんでしたが
お参りに来ている方がちらほら。

まずは金毘羅さんからお参り。
そしてサムハラ奥宮。

奥宮ではソウリング中に
風がざわわと吹いたり
めまいがしたりと
なかなかの反応っぷりでした。

そうこうしていると
常連の風情を漂わせたご婦人3人が
慣れた感じでやってきました。

別の参拝客さんになにやら
お参りのレクチャーをしているご様子。

聴くつもりはなかったものの
風に乗って聞こえてきたので
つい私たちも吸い寄せられ…

なんでもそのご婦人は
このサムハラの地を
要望あらば案内する
というご使命をお持ちとのこと。

以前は無料でしていたそうですが
今は宮のお掃除道具や
メンテナンス費用として
心ばかりのお礼を頂くことに
されたそうです(#^^#)

お金もエネルギーですものね♥
大事なことだと思います。

それにしても随分リーズナブルな料金で
こんな奥深い山まで
案内していらしゃるんだなと感嘆しました。

さてご婦人の言うところによると
サムハラさんには少々
御作法が必要ということで

その場でお気持ちをお授けし
教えて頂くことに。

へ~ほ~と
あんなこと、こんなこと
教えて頂き
三人三様の儀式(?)が終わりました。

その後 ご婦人方とも別れ
サムハラ奥宮の
移設前と言われる宮にお参りしていると

今度はごく普通のいでたちの
紳士に出くわしました。

あぁ、こんなところでお会いするのは
絶対に何かメッセージをお持ちだろうと
思った矢先、レアな情報を教えてくださいました。

こちらの紳士曰く
「サムハラのエネルギー場は4つあるんですよ」

なななんと~!
でも実はそのうちの三つは
美魔女姐さんのお蔭で
私たちも把握していたのです。でも!
まだあったとは!

むむむ。
こちらの紳士に会わなければ
この情報は絶対に手に入らなかった…よね(;^_^A

師匠と美魔女姐さんとその紳士と共に
第三のエネルギー場に向かい
そこでアーシング。

ほんの3分寝っ転がっていただけなのに
セルリアンブルーの光が
右側からぶわ~っと駆け抜けて
おもわず「うわぁ!」と
声をあげてしまった。

光はよく見るんですが
なんだろう?青龍だろうか?
師匠がお隣で青龍の話をしていた時
だったかな?え?師匠からの光?
はっきりわからないけど(;^_^A
ものすごい速さだったなぁ~。

紳士が「エネルギーを扱っている人は
かなりの確率でここに来ますよね」と。

ははは。私たち、そんな風に見えましたか?

その後、先を急ぐ紳士と分かれ
私たちは第四のエネルギー場に。

師匠は最後の場が一番素晴らしいと言っていたけど
私は単純にどれもビンビンに感じてて
帰ってきた翌日は
全く仕事になりませんでした(笑)

神社仏閣、いろいろいけど
ここまで翌日に響くことはあまりないので
サムハラのエネルギーのすごさを実感しつつ
今日もなおサムハラに想いを馳せています。

そして。
この日は2018年3月21日
宇宙元旦である春分が過ぎ
最初の新月となる牡羊座の新月!!
ここで設定した方向性は
この1年の自分が向かっていく先を
決めるものだそうです。
(天下泰平より)

神社ではお願い事をしない私ですが
最初に遭遇したご婦人に
「願い事もいいもの」と教えて頂いたので
その言葉に身を委ねてお願いをしてみたんです。

まさか、こんなタイミングだったとは♪
まさにこの一年を象徴する
お願い事だったので
流れに乗ってるな~と、
一人むふふとにやけてしまいました。

サムハラ。
宇宙の根源。実を委ね切る、そんな場所。
皆様もご縁あればぜひ訪ねてみてください(*^-^*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP