BLOG

精油の定義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Pocket

 

 

最近精油のことについて
良く聞かれます。

 

しばらくシリーズで
精油の基本をお伝えしていきますね^^

 

今日は
精油(エッセンシャルオイル・アロマオイル)ってなに?
を、お伝えします。

 

 

1・精油の定義

 

 

私が所属している
(公社)日本アロマ環境協会では
精油について下記のように定義しています。

 

◆精油(エッセンシャルオイル)は
植物の花、葉、果皮、果実、心材、根
種子、樹皮、樹脂などから抽出した天然の素材で
有効成分を高濃度に含有した
揮発性の芳香物質である。
各植物によって特有の香りと機能を持ち
アロマテラピーの基本となるものである。

ラベンダーは
花から抽出されていると
思われがちですが
葉や茎からも抽出
されているんですよ^^

 

ラベンダーはもっとも
ポピュラーな精油で
「万能精油」と呼ばれることも
あるくらいよく使われます。

 

作用も穏やかですし
子供さんからお年寄りまで
安心して使えるということもありますが

 

その優しくて落ち着く香りからは
想像もできないような働きもしてくれます。

 

最も有名なのは鎮静作用
(イライラ・不眠・躁うつに良い)ですが
筋肉痛やかゆみ、殺菌作用
などもあるんですよ。
やけどにも良いとされています。

 

ちなみに私はよく
フェイス用のマッサージオイルとして
使用します。穏やかな殺菌作用と
皮脂バランスを調整しますので
美肌作りにも役立ちます♪

 

変わったものではオークモス
というコケから
抽出されるものもあります。

 

香りは…樹木系で
土臭い、大地の香りです(*‘ω‘ *)
単品ではあまり使わず
他の香りとブレンドすることによって
深みをまします。
縁の下の力持ち的な存在ですね。

 

女性が大好きな花の精油といえば
薔薇、ですよね^^
ローズの精油などは
1g(1.1~1.2ml)の精油を抽出するのに
何と2600枚の花弁が必要です。

 

 

女性はローズが大好きですよね。
ローズには300以上の
成分が含まれていて
それらが絶妙なタッグを組んで
女性をあらゆる面で
癒してくれるんです。

 

ローズの香りは
クレオパトラも愛したと言われます。
(当時は香油で香りを
楽しんでいたようです^^)

 

心材だと「ひのき」の木から
抽出されたものがあります。

 

ひのきなどは
まず枝などをチップ状に加工して
そのチップを水蒸気蒸留法という
方法で抽出します。

 

桧の成分「フィトンチッド」は
森林浴の香りです。
殺菌作用・防臭作用・防虫作用などが
特徴です。下駄箱などに
垂らしておくと、臭いが
取れて爽やかです。

 

私が住んでいる徳島では
「すだち」という
県特産の柑橘類があります^^
レモンよりもビタミンCが豊富ということで
様々なお料理に添えられています。

 

 

精油はその果皮から
圧搾法で抽出されます。

 

スダチのシェアは
徳島が100%。
徳島ではスダチの精油が
地元農家の方と共同で
たくさん作られているようです。

 

種子からとれる精油としては
キャロットシードがあります、
その名の通り人参の種子から
抽出されます。

※写真は食用人参です。

 

私たちが良く食べている人参よりも
大きく成長する種のもので
精油のための人参といえるでしょう。

 

このオイルはアンチエイジングに
よく使われます。香りはかなり独特です^^;

 

独特な香りのものは
ブレンドで使うことが多いですね。

 

樹脂系でいうと有名なのは
フランキンセンスですね。

 

古くからお寺や祭壇、宗教的儀式で
使われてきた歴史のある香りです。
なんと聖書にも登場するという
神聖な香りです。

 

心を静める作用は抜群で
それゆえにヨガの先生や
瞑想、心を落ち着かせたい時に
使用されることがとても多いです。
私もレイキ伝授で使います。

 

別名「乳香」「オリバナム」。
フランキンセンスは木の樹皮に
傷を入れると、内側に蓄えられている
樹液がしみだします。
この樹液を水蒸気蒸留したものが
精油になります。

 

根から抽出される精油としては
ジンジャーがあります。
乾燥させてたあと水蒸気蒸留法で
抽出されます。

 

 

ジンジャーはスパイス系の
スパイシーな香りです。

 

 

ジンジャーは集中力・記憶力を
促進してくれるので
試験の時や勉強中に
嗅ぐとよい精油です^^
やる気がない時や
気力がない時におすすめです。

 

レモングラスは葉から抽出されます。
ハーブティとしても人気が高い植物です。

 

レモングラスはイネ科の植物で
インドでよく作られていますが
私の庭でも収穫ができるので
日本でもポピュラーになりつつありますね。

 

レモングラスは
細かく刻んで水蒸気蒸留法で
抽出します。

 

葉っぱですが香りはシトラス調で
レモンを濃くをしたような香りです。
少し土の香りもして力強さがあります。

 

消臭作用は抜群。
気持ちも上げてくれる
刺激的な香りです。

 

このように、精油は
植物の花、葉、果皮、果実
心材、根、種子、樹皮、樹脂などから
抽出した天然の素材で出来ています。

 

各植物によって
特有の香りと機能を持っているんですね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. アロマトリートメント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP